肉離れ(もも・ふくらはぎ等)

「肉離れ」とは筋肉の損傷を総称する言葉です(俗称)。正式には筋挫傷、という言葉を使います。これは厳密には筋肉が部分的、または完全に断裂している状態を指します。

筋肉はたくさんの線維が集まっていますが、そのうち何パーセントが損傷したのかによって重症度が決まってきます。

悩み:走ったら急にふくらはぎや太ももに痛みが走った、等の急な動きによる筋肉の痛み。


一般的な治療方法:安静、軽度のストレッチ。


上記までは、他のWebページにも同じような内容が沢山掲載されていますので、そちらをご参照ください。



当院での考え:

損傷の程度によって考え方を大きく変えなければなりませんが、やはり安静が第一選択となります。


筋肉の損傷は靴下の穴と同じように、傷ついた場所からさらに広がっていってしまう恐れがあります。動かそうとして無理をすると損傷自体が広がり悪化してしまいます。


どのくらいの期間安静にし、いつからどのようなリハビリを行っていくのか、様々な情報をもとに判断せねばなりません。


スポーツ活動においては特にそのあたりがデリケートな問題になってきます。試合が近かったり、練習をあまり休んでいられない状況だったりする場合には尚更いつどうするべきかの際どい判断が必要です。

絶対に悪化させないように、かつパフォーマンスを発揮しなければならない状況においてはサポーターやテーピングは必須になってくるでしょう。


競技の特異性、受傷からの期間、季節、利き足(または利き手)など総合的に情報を考慮し判断しなければなりません。


かなりの専門知識を要する部分だと思われますので、是非ご相談ください。