膝の痛み

整形外科へ通う方の多くは膝の痛み。ここでは、はっきりとした原因のないものや変形性膝関節症(膝OA)について解説いたします。

悩み:立ち上がったり、歩くと膝が痛い。階段がつらい。


一般的な治療方法:安静、鎮痛消炎剤やヒアルロン酸の注射、リハビリ。


上記までは、他のWebページにも同じような内容が沢山掲載されていますので、そちらをご参照ください。



当院での考え:膝の痛みで整形外科を受診し、靭帯や半月板の損傷はなく軟骨の変性や骨の変形を指摘されている方は非常に多く見受けられます。


「間が狭くなっている」「O脚である」などの状態で変形性膝関節症(膝OA)の診断を受けている方でも施術可能です。


もちろん、変形してしまっている骨を変えて差し上げることはできません。

痛みが出る動作を改善させ、痛みの出ない生活を目指して施術いたします。


膝の痛みが出てしまうような動き方、というものが存在します。指摘されなければ気づけない、本人の癖や習慣によるものです。


習慣や癖になっているものは、筋肉がそのような動きをするように、体が覚えてしまっていますので、そこを変えてあげる必要があります。


まずは、その動きしかできなくなっている筋肉にアプローチし、その後動作改善のエクササイズを実施します。


その場で屈伸できるようになる方もおられますし、何度か施術が必要になる方もおられます。


ご自宅にて運動療法を続けていただくことで、痛みが出たときも上手に対処することができるようになります。


頑固な膝の痛みは、膝の周りの筋肉やその他の組織も固まっている可能性があります。まずはしっかりと施術し、動かせる状態にした後、運動療法を実施します。


是非一度、ご相談ください。